KELLY WILLARD (C.C.M. !)

SHOP CCM


Now Printing
PAGA ('07)
  1. TAKE UP YOUR BED AND WALK
  2. CHARITY
  3. BEAUTIFUL JESUS
  4. THE LIGHT THAT IS YOUR FACE
  5. MORE THAN LIFE
  6. MAKE THE ALMIGHTY YOUR GOLD
  7. 'TIL I DESIRE ONLY YOU
  8. UNTIL I AM IN LOVE WITH YOU
  9. HUMBLE ME
  10. I CANNOT LIVE WITHOUT YOU
  11. LORD, I AM YOURS
  12. YOKE ME WITH YOUR PRESENCE


Feat. MICHELE PILLAR, KIRK WHALUM,
STEVE FRY, JONATHAN DAVID BROWN,
HARLAN ROGERS, MICHAEL HODGE etc...
Now Printing
WILLING HEART ('81)
  1. WILLING HEART
  2. TO OBEY HIM
  3. COMFORTABLE WITH YOU
  4. FAITHFUL LOVE
  5. A MILLION WAYS
  6. HOLD ON
  7. JESUS
  8. ONLY YOU
  9. YESTERDAY'S GONE
  10. THE NARROW WAY
Prod. DAN & KELLY WILLARD

Feat. BRUCE HIBBARD, STEVE ARCHER,
HARLAN ROGERS, ABE LABORIEL,
MICHELE PILLAR, BOB BENNETT,
KEITH EDWARDS, DARREL COOK,
HADLEY HOCKENSMITH etc...

Now Printing
PSALMS, HYMNS & SPIRITUAL SONGS ('84)
  1. PSALMS 139:7-14
    (WHERE COULD I GO FROM YOUR SPRIT)

  2. I WANT TO PRAISE JESUS
  3. NOTHING BUT THE BLOOD
    / WASHED IN THE BLOOD

  4. MAKE YOURSELF AT HOME
  5. ALL THAT YOU ARE WE WANT
  6. SILVER AND GOLD
  7. GOD ALONE / COME UNTO ME
  8. FOLLOW ME
  9. YOUR (THY) THRONE OH GOD
Prod. DAN & KELLY WILLARD
            & STAN ENDICOTT

Feat. PHIL KRISTIANSON, JEFF LAMS,
TATA VEGA, HADLEY HOCKENSMITH,
GEORGE MERRIL, HARLAN ROGERS,
STAN ENDICOTT, DAVE COY etc...

Now Printing
MESSAGE FROM A KING ('86)
  1. MESSAGE FROM A KING
  2. DO YOU REALLY LOVE THE MASTER
  3. I AM THE WAY
  4. GIVE IT TO THE LORD
  5. FOR THE BEST
  6. IS IT LOVE
  7. LOVER OF THE WORLD
  8. LIFE IN THE SPIRIT
  9. KEEP MY EYES ON YOU
  10. HOW CAN THEY LIVE WITHOUT JESUS
  11. HUMBLE YOURSELF
Prod. DAN & KELLY WILLARD

Feat. HARLAN ROGERS, PHIL KEAGGY,
DAVE COY, HADLEY HOCKENSMITH,
LENNY LeBLANC, SMITTY PRICE,
ALEX ACUNA, AL PERKINS etc...

Now Printing
GARDEN ('91)
  1. EXTRAORDINARY MAN
  2. GARDEN
  3. YOU LAID DOWN YOUR LOVE
  4. SOME MOTHER'S SON
  5. SENT FROM ABOVE
  6. LOVE WILL FIND YOU
  7. LIKE A CHILD
  8. HEART OF A SERVANT
  9. LOVE THEM
       (DARE TO LOVE THE CHILDREN)
  10. WHO WILL BRING THE CHILDREN
             (TO YOUR THRONE)
  11. HIDDEN VALLEYS
Prod. DAN & KELLY WILLARD

Feat. HARLAN ROGERS, LENNY LeBLANC,
DON POTTER, HADLEY HOCKENSMITH,
JONATHAN DAVID BROWN, SMITTY PRICE,
MILTON CARROL, JOHN WILLIS etc...





『PAGA』

(AUTUMUN RECORDS)


軽くするために音質を落としてますが、宜しければ音声サンプルでお試し下さい。


ケリーの14年ぶりの新作がリリースされ、 お付き合いの長い当サイトでも早速の取り扱いをさせて頂ける事になりました。

彼女のプライバシーについて、ここでは敢えて言及しないが、 この数年の間に彼女のプライベートでは幾つもの辛い経験があった事を話してくれた。 そんな彼女だが、父なるキリストへの厚い信仰心には何らの揺らぎも無い様で、 再びスピリチュアルな癒し系のアルバムを我々の元に届けてくれた事は嬉しい限りである。

ゲスト・ヴォーカルのスティーブ・フライとデュエットした<'TIL I DESIRE ONLY YOU>、 現L・カールトン夫人のM・ピラー・カールトンを迎えた<UNTIL I AM IN LOVE WITH YOU>、 K・ウォルラムのサックスをフューチャーした<YOKE ME WITH YOUR PRESENCE>など、 ワーシップ・ナンバーから、コンテンポラリー度の高い楽曲まで聴けば聴くほどに味わいの 深まるそんな1枚。(k1)


価格は、2,800円→2,380円です。

ご興味ある方は、ご注文承ります。




− お客様からの反響コーナー −


*前作から10年以上経っていますが、久しぶりの新作は曲もサウンドも全く変わりがありません。 これは、もちろん否定ではなく彼女のアルバムが質が高く、 安心して聴くことができるということです。
アルバムを通して聴いた第一印象は「全く迷いがない。」ということです。 このアルバムがリリース されるまで、いろいろなことがあったことはライナーにもありますが、 このアルバムに関して言えば、 このアルバムのメロディーがよく練り上げられて上質に仕上がっていることと、 無関係ではないのでしょう。
とにかくどの曲も安心して聴ける。ハラハラさせられるような危なげなところが全くない。 彼女のペンにより 書かれたメロディーが浮ついていないことは、私のようなAOR、CCMファン にとっては嬉しいことこの上ありません。 あえて比較すると、以前よりワーシップ調の曲が目立つかなと思いました。 もっとも「押し付けがましい」ところはなく、 あくまでも聴きやすい曲に徹しているので違和感はありません。 1曲目やラストのに2曲のようなポップな曲は、 そういう意味でアルバムを聴きとおすのに、 とってもいい「アクセント」になっているとも思いました。
以前のアルバムの感想にも書いたことですが、単に「癒される」というのではなく、 上質のボーカルアルバムとしてじっくり聴きたい、そんなアルバムだと思います。
(留萌市: Y.T.さん)

*彼女のアルバム、今回初めて聴きました。 アルバムを聴くまでは、ロビー・デュークのアルバムに参加している女性、 という程度の認識でしたが、とても素晴らしい内容でした。 上質の女性ヴォーカルアルバム、ですね。 温かく、ほっとする雰囲気の歌声は、聴いているだけで癒やされる気がします。 リア・カンケル、カーラ・ボノフ同様、ケリーの声はとても優しい感じです。 上手く言い表せないのですが、リアやカーラと違いがあるとすれば、 ケリーの声は、より明るくて、優しい雰囲気、という印象を受けました。
「WILLING HEART」、「MESSAGE FROM A KING」、「PAGA」いずれも素敵な楽曲揃いでした。 強いて言えば、「WILLING HEART」が一番コンテンポラリーな雰囲気のように思いました。 「PAGA」は、聴き込んでいくにつれて、その良さがわかっていく、そんな感じがしました。
(新宿区: Mさん)



『WILLING HEART』

(WILLING HEART MUSIC / WHD0022)




「癒されたい貴方、ケリーお姉さんよ。」

と、ご本人が言おう筈もないのだが、このCCM界の歌姫の描く世界は実に素晴らしく、 疲れた心に優しく語り掛ける様なCCMの名盤中の名盤。

私個人は、最も好きなCCMのアーティスト、 ポール・クラークのアルバムで、 彼とデュエットしているのを聴いたのが彼女の声との最初の出会いだったが、 正にスピリチュアルで和み系の美しい歌声にすっかり魅了されてしまった。
そして彼女自身のソロ作も、同様に全てがスピリチュアルな作品なのだが、 その中でもコンテンポラリー度での最高傑作は今作であろう事は疑いの余地無し。
彼女のこのアルバムについての素晴らしさは、ビー・エヌ・エヌ/エクシード・プレス刊、 金澤寿和著の『AOR Light Mellow Remaster Plus』をご購入の上、ご参照されたし。

但し、同著では「未CD化」という表記があるが、実はそこだけはちゃいますねん。
彼女の夫君でプロデューサーでもあるダン・ウィラードの自主制作により、 驚く無かれ、ひっそりとこの隠れたる名作のCDは存在していたのだ!
今回、ダンのご好意により、当サイトで取り扱いをさせてもらえる事になったので、 私がベタな薀蓄を語るよりもまずサンプル音源を聴いて欲しい。

心温まるバラードを中心にしたしっとり系コンテンポラリー・アルバム。 リー・カンケルやカーラ・ボノフなどのウェスト・コースト 系の女性ヴォーカルがお好きな方は、このアルバムはマスト。 (k1)



− お客様からの反響コーナー −


*本日『WILLING HEART』のCD届きました。ありがとうございました。 ケリー・ウィラードいいですね。
どれもいい曲ですが特に<HOLD ON>は最高です。 この曲でのエイブ・ラボリエルのベースがすばらしいと思います。
またケリーの声はまさに癒し系ですね。
(大阪府: F.K.さん)

*(『GARDEN』を聞いて)
気をてらわない、ナチュラルで暖かい曲調が印象的なアルバムです。 気分を落ち着かせたいとき、やさしい気持ちになりたいとき、いいメロディーに癒 されたいとき、 実にぴったりなアルバムだと思います。
別にクリスマスアルバムではないのでしょうけど、このシーズンに一番似合いそう。 「ヒーリング」とは違った意味でまさに「癒される」感じで長く聴いていける アルバムといえるでしょう。
(『MESSAGE FROM A KING』を聞いて)
聴く者の心をやさしく包んでくれるような、歌声とメロディーは、 もう完全にこのシンガーの持ち味ですね。 シンプルなサウンドが、ケリーの歌声を引き立てていて聴いていて本当に心がいやされます。 下手に「癒し」を売り物にしているアルバムより、 ずっとこのアルバムを聴いていた方が絶対心が落ち着くと思います。
天気のいい昼下がりの午後、夜眠りにつく前、 何も考えず、頭を空にして聴いていくと気持ちいいでしょうね。
でも、これだけ「癒される」のも、ケリーの作る曲、サウンド、 声がきちんと噛み合っているからでしょうね。 アルバムとしての完成度が高いからこそ、こういう気持ちになれるのでしょう。 癒されるだけではもったいない、そんなアルバムだと思います。
(留萌市: Y.T.さん)

*『WILLING HEART』ありがとうございます。今聞いています。
エアプレイも好きだけど、僕にとってのAORのプロトタイプはこういう音です。 マイケル・ジョンソンとか。
しかしこのアルバムはブルース・ヒバートに匹敵する良さじゃないですか? 唖然です。
時代のマジックなんでしょうね。
(札幌市: S.H.さん)

*普段はR&Bを好んで聴いているのですが、学生時代にAORにはまっていたこともあって、 AORも大好きです。
最近、サウンドやリズムに中心が行き過ぎている音楽が多いことや、 このところ精神的に疲れる毎日でもあるため、 心を落ち着かせてくれるアルバムを探していたところ、 ケリー・ウィラードのアルバムのことをK1さんのページで知り一番新しいのを1枚、 という程度の軽い気持ちで取り寄せてみたところ、 あまりの良さにもう1枚、そして紹介されているアルバム全部を購入することになりました。
購入する前は、81年とはサウンドが古くて・・・・と思っていたのですが、 聴いてみたところ古さよりもセンスの良さが表に出ているし、 曲にしても「捨て曲」が1曲もないし本当に嬉しい驚きでした。
(「WILLNG HEART」を聞いて)
2枚目のアルバムのようですが、このときから彼女の書く、 メロディーの完成度が高いのには驚きました。 ブルース・ヒバード周辺のミュージシャンが参加しているせいか、 曲によっては彼の「NEVER TURNING BACK」の曲をイメージさせてくれます。
どの曲も良いですが、ニコレット・ラーソンの「溢れる愛」のようなTRACK3、 同系統のTRACK6、スピード感のあるTRACK4、 ピアノをバックに歌い上げるいかにもCCMらしいTRACK8が印象に残りました。 最近のアルバムに比べるとやはりいい意味での「初々しさ」が出ていますね。
(「Psalms,Hyms and Spilitual Songs」を聞いて)
前作に比べると、曲に関してメロディーの幅が広がり、 その分「気品さ」が増したように思います。 メドレーの曲を2曲入れるなど、アルバムとしても構成に富んでいます。 しかし決して仰々しくなく、耳を引きつける曲の質の高さは変わりませんね。
TRACK2,5のように他人のペンによる曲や、 9のように50年代の曲をリニューアルした曲もありますが、 彼女のペンによる曲のようにアルバムに溶け込んでいるので、 聴いていて違和感を感じさせない点もGOOD。
CD800枚程度持っていますが、 4枚のアルバムを通して駄曲が1曲もないのは、彼女くらいじゃないでしょうか。 ビックアーティストを見ても見あたりませんね。 メロディーメイカーとしてのセンスはあのDIANE WARRENに匹敵するのでは。
このところ「癒し」を売り文句にしたアルバムが数多く出ていますが、 ほとんどが「癒してあげますよ。」という、 押しつけがましいものを感じて買う気が起こりませんでした。 ケリーのアルバムもはじめは私の好きなAOR〜CCM で気持ちを落ち着かせてくれるという目的で買ったのですが、 癒し以上にアルバムとしての質の高さは4枚とも特筆ものだと断定できます。 大事に聴いていきたいですね。
(留萌市: Y.T.さん)

*ケリーの声はとてもマイルドで確かにホッとするところがありますね。 曲もシンプルな中に、ちょっとしたひねりもあって良い感じでした。
あと、やはりこの時代の演奏、サウンドはナチュラルで温かみが感じられて、 ほんとに良いなあ〜、と思いました。
何か送り手の体温が直接感じられるような気がします。
(調布市: U.T.さん)

*KELLY WILLARDの『GARDEN』、今日届きました。
彼女の歌声は本当に素晴らしいですね。 様々な音楽がある今の時代に、このような音楽に出会うことができて幸せです。 どうもありがとうございました。
(世田谷区: O.M.さん)

*今とても不思議な気分に浸ってます。
今までにいろいろな女性ボーカル作品を耳にしてきましたが、 そんな中で彼女だけには他と違うものをとても感じてます。 言葉で上手く言い表わせませんが、なんだか不思議と優しい気分になりますよね。 これがもしかして癒されているということなのでしょうか?
心から堪能しました。女性ボーカルの美しさはここにあり。 その一言に尽きると思います。

*ケリーさんてとても素敵な人ですね。 『WILLING HEART』の印象がとても忘れられず、 彼女の他の作品にも手を伸ばして本当によかったと思います。
ケリーさんの何とも言えない魅力と思える部分は、 彼女自身から溢れ出る優しさがにじみ出た歌唱と声だと思います。 ケリーさんの作品に触れた時、優しい気持ちにもさせてくれますが、 時にはとても感情的に弱くなってしまい、 それこそ「砂の山を崩され今にも倒れそうな棒」のような心境なる事 もあります。
『PSALMS, HYMNS & SPIRITUAL SONGS』、『MESSAGE FROM A KING』、 『GARDEN』は、『WILLING HEART』と同様にとても 言葉に言い表す事が出来ない素晴らしいアルバムで、 今まで多くの聴いた女性ボーカル作品でもとても心に残るものでした。 素晴らしい作品の数々ご紹介有難うございました。
(相模原市: I.M.さん)

連絡遅れましたけど、ケリー・ウィラード『Willing Heart』届きました。 このアルバム、大変素晴らしい内容で大満足です。
爽やかなボーカル、心に残る優しいメロディと心が洗われる思いがします。 どの曲も水準が高いですが、「Comfortable With You」「Hold On」 といったライトメロウ系の曲がすごく良いですね。 他のアルバムにもすごく興味が出てきました。
(愛媛県: Y.T.さん)

KELLY WILLARD『WILLING HEART』良いですね。ブルース・ヒバードの「ネバー・ターニン・バック」 と同時期に制作されたんでしょうね。 サウンドも文句無し。特に<HOLD ON>は絶品ですね。
(兵庫県: H.R.さん)



『WILLING HEART』は3,200円、残り僅かです。

新作以外は廃盤で入手困難な状態のため、在庫に関しては別途お問い合わせ下さい。



お問い合わせ先は、 コチラ まで。