月を選択

15日〜21日 [最新]
8日〜14日
1日〜7日

2016年09月の
時事設問形式を
ダウンロード

2016年09月の
月毎ニュース一覧を
ダウンロード

2016年09月

15日〜21日の時事ニュース


●政治

2016/09/15
民進党の代表選挙が行われ、蓮舫(れんほう)氏が前原氏、玉木氏を抑え当選した。野党第一党で女性が党代表になるのは旧社会党の土井たか子委員長以来のことである。蓮舫氏は1967年に台湾人の父と日本人の母の間に生まれ、大学在学中よりタレントとして活躍、その後政界に進出し民主党政権時代は国の無駄な支出をなくすことを目的とした『事業仕分け』の中心となり注目を集めた。野党第一党の党首となれば首相を窺がう立場であるが今回二重国籍の問題が指摘された。首相、閣僚に関しては日本国籍を取得すれば資格を有しており二重国籍者を除外する規定はないが、日本の国籍法では22歳までにどちらかの国籍を選択することになっており日本国籍を選択した場合はもう一方の国籍を離脱することが努力義務とされている。今回蓮舫氏が台湾国籍が残っていた事実が当初の言動と異なったり、法令順守の観点から問題として指摘された。

2016/09/16
沖縄県宜野湾市にある米軍普天間基地を同県名護市辺野古沖に移設する国の方針に対して沖縄県の翁長知事が前知事の方針を覆して反発、基地移設準備のための辺野古沖埋め立ての承認を撤回したことを発端に国と沖縄県の対立が続き争いは法廷に持ち込まれているが福岡高裁は沖縄県知事の承認取り消しは違法であるとして国の主張を認める判決を下した。普天間基地は宜野湾市の中心部にあり安全面の問題が指摘されており、移設は急務とされてきたが移設先が県外 にはならず同県名護市になったことから沖縄県の負担が大きすぎる(国内米軍基地の74%を占める)、また駐在米軍兵の卑劣な犯罪の被害を受けてきた歴史も相まって沖縄県には県内移設に反対する声も大きくそのような中、県内移設反対の翁長知事は当選している。知事はこの判決を不服として最高裁に上告する姿勢を示している。


●国際

2016/09/15
・アメリカのオバマ大統領がミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問とホワイトハウスで会談しミャンマーが軍事政権だった時代の経済制裁を全面解除することを表明した。経済制裁はミャンマーへの武器禁輸でこれはすでに5年前に解除されたが軍に近い個人や商社に対してはアメリカ内の企業との商取引の禁止、宝石類の輸入禁止といった措置が残されていた。


●経済

2016/09/15
・コンビニエンストア業界3位のローソン三菱商事に子会社化される見通しとなった。


●社会

2016/09/18
・65歳以上の高齢者人口は推計3461万人で過去最多となった。これは日本の総人口1億2700万人に対して27.3%なり、昨年を上回っている。

2016/09/21
福井県の原子力発電、高速増殖原子炉『もんじゅ』が政府が開いた原子力閣僚会議で廃炉となる方向で合意した。もんじゅは原発の使用済み燃料を再処理して再び利用、発電しながら燃やした以上の燃料を生み出すことを目指してつくられた。しかし1994年の初稼働以来、1995年のナトリウム漏れ事故、2012年、2016年にも機器の点検漏れなどがあり20年でほとんど運転が停止された状態でありこれまで多額の国費を支出しさらにこれ以上というの支出をするのは困難である判断された。

All rights reserved CJ News Direct 2007