2007年・十和田湖・奥入瀬・白神山地へ

2007年10月29日〜30日 クラブツーリズム の

 〜「雄大」と郷愁」の北東北の紅葉名所めぐり〜
   紅葉の十和田湖・奥入瀬渓流・八甲田山と  
    黄金色に輝く世界自然遺産・白神山地   

に一人で参加してきました。参加者は36名。

1日目 東京駅 【はやて1号】 6:56発 ====== 盛岡駅 9:22着
 貸し切り 三八五バス(みやごバス)にて移動
→大湯観光りんご園→発荷峠→十和田湖 昼食→
→十和田湖上遊覧→奥入瀬渓流→城ヶ倉渓谷→
→鰺ヶ沢プリスホテル(泊)
2日目 ホテル→白神山地→中野もみじ山→津軽伝承工芸館→
→盛岡駅 【はやて32号】 19:42発 ====== 東京駅 22:08着

盛岡駅にて「はやて」?

バスのなかから。

[1] 大湯観光りんご園  [2] 十和田湖遊覧・奥入瀬渓流
[3] 白神山地 [4] 中野もみじ山・津軽伝承工芸館 

[1] 大湯観光りんご園

秋田県ですがこの大湯温泉付近でもりんごの栽培が盛んです。

まず大湯観光りんご園にてりんご狩り体験
脇の芽を傷つけ無いように採る方法を教わり、指定された木から2個づつとりました。
2個までは無料、それ以上は有料で宅配も扱っています。
「世界一」「ジョナゴールド」「「?」 の3種のりんごを試食。

  

  

老木でリンゴの重みで倒れたそうです。

左は直径5pほどの姫りんご。右は普通のりんごですが、大きさもいろいろです。
  

海棠の実です。食べられるかどうか訊きそびれたので帰宅後調べたところ、
おおかたは「渋くて食べられない」とありましたが、中国には「甘酸っぱくてリンゴのよう」なのも有るようで、
花海棠実海棠があるようで、これは実海棠なのでしょう。

りんご園の隣の蕎麦畑です。蕎麦の実が付いているのを初めて見ました。
  

30分程バスで行くと発荷峠です。バスの中からの十和田湖

12時頃十和田湖畔に着きました。

  

たかさご屋と云うお土産やできりたんぽ鍋定食で昼食。これはOPで1,500円でした。
鍋の味は美味しいのですがきりたんぽは私の好みではなく、3個のうち1個だけ戴きました。

  

昼食後はバスで移動する人と遊覧船に乗る人に別れました。

次は十和田湖遊覧と奥入瀬渓流です。