07年8月 上野のお山へ

[T] トプカプ宮殿の至宝展を観に

2007年8月29日念願のトプカプ宮殿の至宝展を観に友人と二人で上野へでかけました。

都バスの池之端2丁目でバスを下り、上野のお山を目指しました。
水月ホテル鴎外荘の前を通りますと、一緒に行った友人が鴎外荘を知らなかったと云うので、
それではと、ちょっと中へ入って見学しました。

鴎外荘で上の地図を貰い、

右の地図(860円)を購入。

 
    鴎外荘の並びに有る上田邸です。

  私の子供の頃は木造モルタルはハイカラな家でしたが、
  今では殆ど見かけません。

上野高校のわきを通ると、護国院大黒天です。

本堂の中を覗いてみました。

芸大の前を通っていますと、見慣れない門が開いていました。藝大アートプラザでした。(下左)

藝大アートプラザ
東京芸術大学は、教員等の作品を展示販売する「藝大アートプラザ」を11月9日(水)にオープンしました。
 藝大アートプラザは、東京芸術大学が企画開発した作品や、教員等の創作作品を展示販売することにより、 
教育研究成果を広く一般に提供し、社会に対して積極的に発信を試みることとなります。

休日に上野を散策し、美術館巡りをしてから、
藝大アートプラザに立ち寄っていただくことを教職員一同願っています。
                                                      藝大アートプラザのHPより抜粋

帰りに寄りましょうと先を急ぎましたが、別の道を帰りましたので、結局寄れませんでした。

  
右は京成電車の使われなくなった駅の入り口。

この前来た時にはホームレスの人達の青いテントがぎっしり並んでいましたが、
この様に綺麗な芝生の上にオブジェが展示して有り見違えるようです。

  

  

木立の向こうに小振りのバスが走っていました。
台東区を走る小粋でレトロな風貌のコミュニティバス めぐりん のようです。
話には聞いていましたが、お目に掛かるのは初めてです。
始まりは交通網の改善を目的としていましたが、今は住民に限らず観光客の移動手段としても注目され、
そのハイカラな姿かたちは街の活気付けに一役買っているそうです。


いよいよお目当ての東京都美術館へ。


子供用カフタン

    

    

すべてパンフレットから頂きました。

宝石がふんだんに使われており、その富は伺い知ることもできません。
富を示すことにより、無用な戦いを避けることもできたとか。


美術館の玄関をでると音楽がながれていました。何事かと覗きましたら、のこぎり音楽家でした。
  

 お腹も空きましたので、メインの通りを山の下へ降り、

 鰻重の昼食ににしました。喉もかわいたので黒ビールを

頂きましたが、コップに注ぐと金色の字が

くっきりと美しく浮かび上がりました。

一息つき、窓の外に見える下町風俗資料館へも

急遽寄ることにしました。 

  

   

  

昔懐かしいものばかり、子供の頃遊んだコリントゲーム等も。銭湯の番台も再現してありました。
結婚当初は銭湯に通い近所の人とのおしゃべりも楽しかったものです。

不忍池のはすの花に圧倒されました。池から溢れんばかりに茂っていました。

  

帰りのバスではぐっすり眠ってきました。

(2007年8月31日作成)

9月6日 インカ マヤ アラスカ展を観に また上野に行きました。