弥生美術館・竹久夢二美術館へ

2007年11月28日 友人と二人で行ってきました。

    

弥生美術館は、少年時代に挿絵画家・高畠華宵の描いた絵に深い感銘を受け
た、弁護士・鹿野琢見によって昭和59年(1984)6月1日に創設されました。
明治末から戦後にかけて活躍した挿絵画家をはじめ、挿絵・雑誌・漫画・付
録などの出版美術をテーマに企画展を開催しており、3階展示室は高畠華宵
の常設展示を行っています。

竹久夢二美術館は、平成2年(1990)11月3日に開館致しました。弁護士兼理事
長・鹿野琢見の夢二コレクションを展示公開しています。

この2つの美術館は2階で繋がっています。

弥生美術館

竹久夢二美術館

『少年倶楽部』から『りぼん』まで
   ふろくのミリョク☆展
夢二クラシック
  〜古き良き日本への憧憬〜

早稲田から都バスで根津まで30分、東大弥生門の真ん前です。

 

 
クリックすると大きくなります。

   
クリックすると大きくなります。

 

ふろくのミリョク☆展 は昔懐かしい付録が一杯でしたし、
夢二の作品も沢山展示してあり、とても見応えがありました。

下の写真は行く途中でみかけたものです。みぎは動物の剥製屋のショーウインドーです。
ガラスに町並みが写ってしまいました。

  
クリックすると大きくなります。