スズキクサカゲロウ Chrysoperla suzukii クサカゲロウ科 前翅長13〜16mm 体は緑色、頭部と背面中央は淡緑色。小腮鬚・下唇鬚とも黒色で各節基部は淡色だが、肉眼では真っ黒に見える。頭下部から頭楯脇にかけて弧を描くような黒斑(複眼に接しない)がある。前翅の段横脈は淡緑色。成虫は樹皮下や照葉樹の葉裏で越冬するが、ヤマトクサカゲロウの様な体色変化はない。終齢幼虫は8〜10oで塵は背負わない。幼虫は主にアブラムシを捕食、成虫は甘露を舐める。


スズキクサカゲロウ。ヤマトクサカゲロウに似るが体は小さく、前翅段横脈は緑色。060617

顔の黒斑は複眼に接しない。鬚はほとんど真っ黒に見える。060617

スズキクサカゲロウの終齢幼虫。塵は背負わず、体は濃褐色。040724

 

クモ一覧へ

昆虫ほか一覧へ

石神井公園のクモくも蜘蛛・蟲 HOME