野犬ロデムにハマろう

隠れた人気を誇るソフト会社「イタチョコシステム」の魔ゲーム第5号、それは業界発の「野良犬シュミレーション」という画期的?な企画だった。

あなたはヒャクジリ公園を徘徊する野良犬となって、一日でも長く生きることがこのゲームの目的です。

ゲームはすべてマウスでコントロールします。ロデムの進む方向にポインタを移動すると、その方向に向かってロデムは進んでいきます。画面では左右にしか移動できませんが、画面下にある東西南北の表示をクリックで切り替えて、どちらに進むかを指定します。

公園にはいろいろな物があります。食べられる物は食べましょう。敵となる野良犬や、近所の子供たちがいじめたりします。それらの脅威と戦いながら、今日一日を精一杯生きていきましょう。


ロデムの顔をクリックすると、ロデムの表情が変わります。
左が通常、中が何かを食べる時、右は何かを口にくわえる時にマウスクリックで指定できます。このほかにも愛敬をふりまく表情や、闘争心の表情などがあります。


左は木におしっこをかけている図です。広い公園の中では、おしっこをかけることによって自分の縄張りを確保することができます。特に食べ物は、おしっこをかけておけば、他の犬に食べられてしまう心配がなくなります。

右は東南方面にいる怪しいおじさんとロデムの図です。ロデムの体の部分にポインタを停止させると、ロデムはお座りをします。このまま少しすると今度は寝ます。眠って体力を補給することができます。


左はロデムの位置を示すインジケータです。ヒャクジリ公園は東西南北に四角い土地が想定されているので、そこを行ったり来りして生活します。北は寒く、南は暑い。東は湿っていて、西は乾いています。健康状態のバランスを維持するためには、頻繁に移動する必要があります。

インジケータの「状態」の方をクリックすると、ロデムの健康状態が表示されます。

右は敵に襲われて体力を落とすロデムの図です。


実際にゲームをプレイしてみると、あっけないくらい簡単に死んでしまいます。長生きするためのコツとしては、なるべく眠るようにして、のんびりと暮らしていくしかないようです。

敵と戦ったり、縄張りを広めようとすると、どうしてもそれだけ早く体力を消耗してしまい、結局は寿命を縮める結果に追い込まれます。

意外と難易度の高いこのゲーム、気楽そうに見える野良犬とはいえ、この世で生きていくことの厳しさを凝縮させたかのような奥の深い内容です。

しかし考えてみれば、ただ生きてさえいればいいのですから、この際人間的な邪念をきれいさっぱり捨て去って、気長にプレイしてみましょう。

「野犬ロデム」(Macintosh専用) 定価4.000円
イタチョコシステム Tel 03-3834-9580

 


 

 

 

Return to MKV PowerPage

http://mkvs.web.fc2.com/mkvg/index.html